田口良一がメリンドと統一戦、12.31大田区体育館

  ワタナベジムは17日、都内で記者会見を開き、WBA世界L・フライ級王者の田口良一とIBF世界ミニマム級王者の京口紘人が12月31日、大田区総合体育館で防衛戦を行うと発表した。田口は7度目の防衛戦でIBF同級王者ミラン・メリンド(比)と拳を交える。試合の模様はTBS系列で全国中継される。  田口がキャリア初の統一戦を迎える。実現が期待されたWBO王者、田中恒成(畑中)との統一戦が田中のけがによりひとまず消滅。国内で統一戦が行われるのは、WBCミニマム級王者だった井岡一翔(井岡)とWBA同級王者だった八重樫東(大橋)が激闘を繰り広げた2012年6月以来、2度目のことだ。 メリンドは「田中に負けず劣らずの実力者」  田中との統一戦が流れ、一度はテンションが落ちたという田口だが「メリンドは攻撃、防御ともに一流の選手。田中選手に負けず劣らずの実力者」と常に口にしている“強い相手”との対戦を大歓迎。さらに「勝てば田中選手との試合にも近づくのかなと思う」と将来的に田中との対戦も継続して希望した。  メリンド(37勝13KO2敗)は5月、八重樫東(大橋)に衝撃の初回TKO勝ちで王座を奪取。9月の初防衛戦で元WBAミニマム級王者エッキー・バドラー(南アフリカ)をきわどい2-1判定で退けている。  既にメリンド対策に着手しているという田口(26勝12KO2敗2分)は「瞬間的なスピードがあるし、カンターもうまい。そこまで穴がないというイメージ」とメリンドを分析。「中間距離はすごくうまいので、近い距離と遠い距離で攻めていきたい」と語り、コンビネーションでメリンドを崩していく考えた。 大みそかのTBS「KYOKUGEN」で放送  なおTBSのボクシング中継は、同局の大みそか恒例番組として定着しつつある「KYOKUGEN」の中に組み込まれ、田口の試合は生中継される予定。番組内でボクシングの時間は2時間半程度を見込んでいるという。

田口良一、12月31日にメリンドと団体王座統一戦

 プロボクシングWBA世界ライトフライ級王者・田口良一(30=ワタナベ)が12月31日、東京・大田区体育館で、IBF世界同級王者ミラン・メリンド(29=フィリピン)と団…

アリの専属医フレディ・パチェコ氏死去

 モハメド・アリの専属医を務め、その後テレビ解説者として活躍したフレディ・パチェコ氏が16日、米マイアミの自宅で亡くなった。89歳だった。娘のティナ・ロジー・パチェコさんがフェイスブックで伝えた。   フロリダ州タンパ近郊出身のパチェコ氏は父が薬局を営んでいたことから医師を目指した。60年代初め、まだカシアス・クレイ時代のアリにマイアミのジムで出会い、チームに加入。アンジェロ・ダンディ・トレーナーともにアリのキャリアをサポートした。  アリが世界ヘビー級王座を獲得したソニー・リストン戦では計量時、興奮して血圧が上がったアリを沈め、平常なコンディションでリングに上げた逸話がある。  アリが2度目の王座の10度目の防衛を果たした77年のアーニー・シェーバース戦では試合後アリに引退を勧めたといわれる。その後テレビコメンテーターに転身。CBSやNBCでアリの試合を解説したこともある。以後おもにショータイムで解説を担当。その功績からテレビ放送のアワード、エミー賞を受賞した。  ニックネームは“ファイト・ドクター”。医師、解説者のほか絵画、本の執筆など多芸で知られた。

田中恒成の暫定王座設置、12.2NYコットのアンダー

 ゴールデンボーイプロモーションズは12月2日、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで行われるミゲール・コット(プエルトリコ)vsサダム・アリ(米)のアンダーカードを発表。田中恒成(畑中)が王者に君臨するWBO世界L・フライ級の暫定王座決定戦を開催すると発表した。  田中は9月の防衛戦でパランポン・CPフレッシュマートに勝利し、2度目の防衛に成功したが、両目を眼窩底骨折。これを受けてWBOが暫定王座の設置を認めた模様だ。暫定王座を争うのは4位のフアン・アレホ(メキシコ)と6位アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)となった。勝者は田中との対戦が義務付けられる。  アレホは24勝14KO4敗1分の33歳。15年12月、米国スタブハブ・センターで当時のWBO同級王者ドニー・ニエテス(比)にフルラウンド判定負け。アレホはこの試合以来となる米国リング登場となる。  アコスタは5月に名古屋で田中に挑戦して判定負け。それまでオールKO勝ちだったが、プロ初黒星を喫した。アコスタは田中に敗れて以来の復帰戦が暫定王座戦となった。戦績は16勝16KO1敗。  イベントのメインは、プエルトリコのスター、WBO世界S・ウェルター級王者コットがアリを迎え撃つ初防衛戦。4階級制覇王者コットがラストファイトを宣言していることで注目されている。

井上尚弥、12月30日にヨアン・ボワイヨを相手に7度目の防衛戦を行うことが正式に決定!

 大橋ボクシングジムは16日に都内で記者会見し、12月30日に横浜文化体育館でダブル世界タイトルマッチを開催することを発表した。WBO世界ス…

金城眞吉氏の告別式 20日に那覇市内で

 16日に亡くなった沖縄のボクシングの名指導者・金城眞吉さん(享年73歳)の告別式が20日(月)午後3時から4時、那覇市内の那覇葬祭会館本館で執り行われることが決まった。喪主は次男の英樹さん。 ■那覇葬祭会館 住所 沖縄県那覇市天久1192-1 HP http://ur0.biz/H4Dz

井上尚弥「12月30日も…」7度目防衛へ意気込み

 プロボクシングWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が12月30日に横浜文化体育館で、同級7位ヨアン・ボワイヨ(29=フランス)と7度目の防衛戦に臨むこ…

拳四朗はV2戦は生中継、清水聡&井上拓真も出場

 12月30日ダブル世界タイトルマッチのもう一つ、WBC世界L・フライ級チャンピオンの拳四朗(BMB)は同級8位ヒルベルト・ペドロサ(パナマ)と2度目の防衛戦を行う。初防衛戦を10月20日に済ませており、わずか2か月強での防衛戦となった。  5月に世界王座に就いた拳四朗がハイペースでV2戦を迎える。試合の話をもらったのが、10日前だったが、実父でもある寺地永会長は出場を即答。わずか2か月のスパンにも、拳四朗は「(まだ続いていたV1戦の)祝勝会をキャンセルしたのが残念」と笑わせながら、調整に関しては「あんまり気にならない」といつも通り涼しい顔だ。 拳四朗ワクワク「たくさんの人に見てもらえる」  今回はこれまでの2試合と違い、拳四朗の試合もフジテレビ系列で生中継される予定。かねて知名度アップを希望しているチャンピオンは「12月30日はたくさんの人に見ていただけるのでワクワクしている。KOで勝ってインパクトを与えて、たくさんの方々に知ってもらえるような試合がしたい」と目を輝かせた。  対戦相手のペドロサ(18勝8KO3敗2分)に関しては「全然わからなくて」と拳四朗らしいが、寺地会長から「ファイタータイプ」と聞かされると「来てくれるならやりやすい」とニッコリ。デビューから11連勝中(5KO)の王者が世界戦初のKO勝利を狙う。 清水はOPBF初防衛戦  アンダーカードには、10月にOPBFフェザー級王座を獲得したロンドン五輪銅メダリスト、WBC12位、IBF13位につける清水聡(大橋=4勝4KO無敗)も出場。同級14位エドワード・マンシト(比=15勝9KO7敗2分)と初防衛戦を行う。  4戦目で獲得したOPBF王座戦では、相手のラフファイトに苦しむ場面もあり「すごく勉強になった」。オリンピックでともにメダルを獲得した同期の村田諒太(帝拳)が世界王者となったことに刺激を受けないはずはなく「彼と早く競演できたらと思う」と来年の世界挑戦を誓った。 井上拓は元日本王者の益田と対戦  昨年に一度は世界挑戦が決まりながらけがでチャンスをフイにしたWBCバンタム級9位の井上拓真(大橋=9勝2KO無敗)は元日本バンタム級王者の益田健太郎(新日本木村=27勝15KO8敗)と54.0キロ契約10回戦を行う。  8月の久高寛之(仲里)に続きベテラン実力者との対戦となるが、拓真は「何もさせないボクシ…