日本王者の黒田雅之&西田光を川崎市長が激励

投稿者: | 2018年2月14日

 3月3日にカルッツかわさき(神奈川県川崎市)で日本タイトル防衛戦に臨む黒田雅之&西田光の川崎新田ジムのチャンピオンが14日、川崎市役所を訪れ、福田紀彦市長の激励を受けた。

 フライ級の黒田は評価の高い1位長嶺克則(マナベ)を、ミドル級の西田は7戦全KO勝ちの竹迫司登(ワールドS)を迎える。ともに今チャンピオンカーニバル屈指の注目試合で、新田渉世・川崎新田ジム会長も福田市長に「最強挑戦者を迎え、勝負事なので勝ちも負けもありえます」と慎重な?報告。あらためて2人の愛弟子に「頑張ってくれ」と真剣な思いを伝えた。

 福田市長はメインを務める黒田に「2013年の世界戦(対フアン・レべコ)で盛り上がった感動をもう一度と思っているフ ァンも多いと思う。ぜひ世界戦につながるような試合を」と鼓舞し、当日は応援に駆け付ける約束をした。

 黒田も「“川崎から世界へ”を実現できるような、内容の濃い勝ち方をしたい」と必勝宣言。ミドル級の西田は「川崎には西田といういいボクサーがいることを知ってもらえるような試合をしたい」と、こちらも発奮した。

 両王者に試合の展開を予想してもらうと──「意地の張り合いのようになって、そこで自分を貫き通せるかが重要」(黒田)、「序盤で倒されなければ消耗戦。僕も苦しいけど、相手はもっと苦しいという展開になればと思う」とのことだった。

女子高生ボクサーの四宮も激励受ける

 また17歳1ヵ月の年齢で史上最年少女子デビューとなる現役女子高生ボクサーの四宮菊乃も出場が決まっている。OPBF王者の 三好喜美佳に憧れてボクサーを志した四宮は「ダブルタイトル戦の前座でカッコ悪い試合はできません」と福田市長に意欲をアピールした。新田会長によると、当日は障がいのある人を対象にした“パラシート”も設けるという。


カテゴリー: News