西日本新人王準決勝 前田稔輝、津川龍也ら決勝へ

投稿者: | 2019年7月14日

 2019年度西日本新人王準決勝は13日、兵庫県尼崎市のエーリックホールで開かれ、ミニマム級からS・ライト級まで12試合が行われた。

TKO勝ちで決勝進出を決めたフライ級の神崎(右)

 フェザー級で日本拳法出身のサウスポー、前田稔輝(グリーンツダ)がデビューの1回戦に続いてKO勝ちを飾ったのをはじめ、昨年決勝で敗れたS・バンタム級の津川龍也(ミツキ)が芦屋大で関西学生リーグのレギュラーでこの試合がデビュー戦の西村連(真正)を寄せ付けず、1回TKOで破った。

 決勝は9月15日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われる。各試合はすべて4回戦。

フェザー級の前田(右)は初回に右を決めてKO勝ち

◇ミニマム級
初田翔(寝屋川石田)[中止]藤本大輝(ミツキ)=棄権
※初田が決勝進出
木村彪吾(グリーンツダ)[2-0(38-38、40-37、40-36)]島匠雅(江坂)

◇L・フライ級
表祥(SFマキ)[3-0(39-38、40-37、40-36)]嘉数力(オール)

◇フライ級
森青葉(泉北)[2-0(38-38、39-37、39-38)]中澤誠也(本橋)
神崎靖浩(倉敷守安)[TKO1回1分42秒]星野駿也(エディタウンゼント)

◇S・フライ級
三浦勇弥(ハラダ)[TKO1回1分55秒]長尾太我(真正)

◇バンタム級
岡本大智(井岡)[2-1(40-37、39-37、37-39)]鶴海高士(寝屋川石田)

S・バンタム級の津川(右)は初回にラッシュして試合を決めた

◇S・バンタム級
津川龍也(ミツキ)[TKO1回1分46秒]西村連(真正)

◇フェザー級
前田稔輝(グリーンツダ)[KO1回1分20秒]山下翔也(本橋)
切東功之介(井岡)[TKO4回2分14秒]大久保海都(寝屋川石田)

◇S・フェザー級
岸田聖羅(千里馬神戸)[引き分け1-1(38-37、37-38、38-38)]烏野遼(真正)
※優勢点により岸田が決勝進出

◇ライト級
藤田健介(千里馬神戸)[TKO3回2分42秒]内村竜平(グリーンツダ)

◇S・ライト級
暴礼ゲンキ(グリーンツダ)[TKO2回1分33秒]高橋良季(オール)

カテゴリー: News