力石政法が日本12位の岩原慶下す、丸木凌介は再起

投稿者: | 2019年3月17日

 17日、愛知県刈谷市の刈谷市産業振興センターあいおいホールにて行われた「GREEN Dream vol.8」のメインイベント、61.5キロ契約の8回戦は、日本ライト級下位ランカー同士のサバイバルマッチ。同級13位の力石政法(緑)が同級12位の岩原慶(本多)から2度のダウンを奪い、フルマークの判定で制した。

再起戦勝利の丸木凌介(右)と新たに会長となった兄の和也さん

 セミファイナルでは、昨年、暫定を含めて2度の王座決定戦に敗れた日本S・ウェルター級5位の丸木凌介(天熊丸木)が、韓国S・ウェルター級2位のカン・クンウー(韓国)を5回2分35秒で下し、再起戦を勝利で飾った。

◇61.5キロ8回戦
力石政法(緑)[3-0(80-71×2、80-70)]岩原慶(本多)

◇70.8キロ8回戦
丸木凌介(天熊丸木)[TKO5回2分35秒]カン・クンウー(韓国)

カテゴリー: News