あす神戸にジラフ麒麟神田、古橋岳也はベトナム出場

投稿者: | 2018年12月8日

■あす9日神戸芸術センターで行われる「PEGASUS SUPER FIGHT.57」の計量が8日行われ、メインの65.0kg契約8回戦に出場する日本S・ライト級7位のジラフ麒麟神田(千里馬神戸)が64.8キロ、対戦相手の松坂拓哉(石神井S)は64.6キロであすの試合に進んだ。

神田は「サウスポー対戦は万全。来年はタイトルマッチにたどり着きたい」と抱負をコメント。松坂は「相手は背は高いが左は当たると確信した。1ラウンドから激しい試合になると思う」とランカー撃破を誓った。 =写真提供:清水博マッチメーカー

■9日ベトナムのホーチミン市で開催される日越ボクシングフェスティバル「サムライファイト2」の計量が8日、同市内で行われ、メインのOPBF・S・バンタム級シルバー王座決定戦に出場する日本同級11位の古橋岳也(川崎新田)とスンペット・サイトーンジムがともに合格した。

イベントは外務省の「日越外交関係樹立45周年記念事業」の一つ。OPBFが積極的に関与し、ベトナム王者を決めるOPBFナショナルS・ライト級王座決定戦も行われる。=写真提供:川崎新田ジム


カテゴリー: News