村田諒太つかの間の休息 あすから本格最終調整

投稿者: | 2018年10月15日

 WBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太(帝拳)がラスベガスで最終調整─。20日(日本時間21日)米ラスベガスのパークシアターで指名挑戦者ロブ・ブラント(米)と2度目の防衛戦を行う村田の近況が帝拳ジムから届いた。

 村田はこの日、通常は練習しない日曜日のため軽く体を動かした程度の村田。世界王者になる前にロードワークを行ったことがあるレッド・ロック・キャニオンに車で出向いてリフレッシュした。

村田「朝はホテル近くの公園を走り、午後は減量も順調に進んでいるため、また通常は休みとしている日曜日でもあり、ジムワークは行わず、久しぶりにレッド・ロックに行ってきました。当時のラスベガスでのトレーニング・キャンプをとても懐かしく感じましたが、こうしてあらためてコースを見直すと、このような厳しい山道をよく走っていたな、と思います(笑)。また明日も頑張ります」

 あすは早朝のロードワーク、夕方のジムワークを予定。試合まであと5日となった。=写真提供:帝拳ジム


カテゴリー: News