村田諒太は自然体強調「結果としてKOになればいい」

投稿者: | 2018年10月11日

 WBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太(帝拳)が11日、都内のジムで練習を公開した。村田は20日(日本時間21日)、米ラスベガスのパークシアターで同級2位ロブ・ブラント(米)との指名防衛戦に臨む。

 海外で初の世界タイトルマッチを迎える村田は「家族からも、周りからもピリピリすることが最近なくなったと言われる」というように、この日はリラックスムード。「(昨年の)エンダムⅡのプレッシャーがすごかった。その経験が生きている」と余裕を持って答えた。

 帝拳の浜田剛史代表からは、KO指令が出ているが、村田は「そういう練習をしてきたけど、狙ってできるかといえばそう簡単じゃない。その気持ちがマイナスに左右することもある。結果としてKOになればいい」と自然体を強調。その上で「この指名試合をクリアすれば、アメリカでの知名度も上がると思う」との見通しも口にした。

 田中繊大トレーナーは、対戦相手のブラントについて「スピードもあるし、手数も出る。待っていれば調子に乗る」と評価しながらも「村田の固いガードでプレッシャーをかければ、力は出せないと思う」と分析。村田も「やるべきことをやったので、あろはそれをやるだけ。頭の中は整理されている」と迷いはないようだ。

 試合を日本国内でライブ配信するDAZNで解説を務める元WBC世界バンタム級王者の山中慎介氏は「村田はこれまでにもラスベガスで試合をしているし、内容のよくない試合があった。経験を生かせるタタイプなので、アピールできると思う」とエールを送った。


カテゴリー: News