ネリ処分は9月1日まで WBC無期限資格停止は取消

投稿者: | 2018年6月19日

 WBCは18日、山中慎介との再戦で大幅に体重オーバーしタイトル剥奪、無期限資格停止処分を受けた前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)に対し、資格停止は9月1日までと通達した。山中戦が3月1日だったことから処分は6ヵ月となる。

 ネリと彼のプロモーター、サンフェル・プロモーションズは今月9日、地元ティファナでフィリピン人選手との復帰戦を予定したが、WBCの警告で中止となった。

 処分期間と解除に関してはWBCの理事会の決定。“6ヵ月”に着眼すると処分は8月31日までとも解釈できる。というのも9月1日は土曜日で、サンフェルは処分明け直後にネリの試合を計画している動きもあるからだ。しかし通達はあくまで「9月1日まで」と記されている。

 WBCのランキング委員会によると復帰が叶うとネリは、その実績から即ランキング復帰が可能。ただしWBCはネリに対し再びバンタム級で戦えるかどうか判断するため、厳重なメディカルチェックを義務づけた。

 またWBCが指名する栄養士をチームに加入させることを要求した。そしてその栄養士に、定期的にネリの体調を報告することを義務づけた。もしこれを守らないと、再び無期限出場停止あるいは罰金の厳刑が科されるという。


カテゴリー: News