吉野修一郎は9回KO勝ち 日本ライト級V2

投稿者: | 2018年6月14日

 日本ライト級タイトルマッチが14日、後楽園ホール「ダイヤモンドグローブ」のメインイベントで行われ、チャンピオンの吉野修一郎(三迫)が挑戦者7位の前田絃希(グリーンツダ)に9回2分49秒KO勝ち。2度目の防衛に成功した。試合の模様はフジテレビで16日(土)深夜27時55分から放送される。

 リーチで上回る前田がジャブを盛んに突く立ち上がり。様子を見ていた吉野は3回、力強い右を軸にして距離を詰め、右ストレート、左フックを打ち込むが、前田も強気に打ち返して試合は白熱。しかし、上下に打ち分けるテクニックは吉野が上だ。連打で前田を後退させた吉野がロープ際で右を叩き込むと、前田がキャンバスにヒザをついた。

 吉野は4回も前に出たが、前田もこれに応じて引く気はない。左ボディ、アッパーで吉野に対抗。手数は落ちることなく、粘り強いところを見せた。5回終了時の採点は49-45×2、50-45でチャンピオンがリードした。

 6回以降、吉野が右ストレート、左フックを決めて会場を沸かせるが、前田も右アッパやボディ打ちを断続的にヒットさせて勝負を捨てない。

 迎えた9回、吉野の右から左ジャブのコンビネーションが決まると、ようやく前田がダウン。ダメージは深く、立ち上がった前田の目の前で10カウントが数えられた。

 倒しきった吉野はデビューから8連勝(6KO)。「勉強になった。独特のリズムでやずらかった」。闘志を見せたものの及ばなかった前田は6勝2KO3敗1分。


カテゴリー: News