ビート7月号好評発売中 井上尚弥が目印です!

投稿者: | 2018年6月14日

 ボクシング・ビート最新7月号はきょう15日に全国の書店で発売となります。王者マクドネルを112秒で粉砕した井上尚弥が目印。その井上戦は「怪物の衝撃再び」と題し巻頭特集でたっぷりと。

 迫力写真とともに振り返る世界戦カラーリポートのほか、今月号も企画・特集をこれでもかとお届けします。まずハイレベルなライト級をリードするマイキー・ガルシアの特別インタビュー。本誌三浦勝夫通信員の直撃を受けたマイキーは予想通り「ロマチェンコに勝てるのは私だけ」と自信満々でした。ほか読者の気になる質問をいくつもぶつけています。

 この夏一番の国内注目対決、久我勇作vs和氣慎吾のプレビューも今月からスタート。7月28日の本番に向け、プレビュー2本立てで行きます。第1弾となるインタビューでは“決着は”と聞かれて、「もちろんKO」(久我)、「1ラウンドでも早くKOしたい」(和氣)と早くもヒートアップ!

 いよいよ世界挑戦の舞台が近づく伊藤雅雪は、飯田覚士さんの直撃トークに登場。「もう世界王者でない自分がイヤ」と、その時を待ちわびる伊藤に飯田さんがアドバイスします。

 また今月号では、日本の若手指導者たちの座談会を企画しました。テーマはズバリ「ロマチェンコ」。現場のトレーナー陣は超絶テクニシャンをどうみているのか、興味深い中身になっています。必読! 読み応え十分のボクシング・ビート7月号をどうぞよろしくお願いいたします。 ボクシング・ビート編集部一同

■ボクシング・ビート7月号~主な内容~

◇巻頭リポート…WBA世界バンタム級戦「衝撃再び112秒!井上 バンタムも支配」

◇世界戦リポート…「田口ベルト2本失う」「拳四朗一撃防衛」「京口V2」ほか

◇特別インタビュー…マイキー・ガルシア「ロマチェンコに勝てるのは私だけだ」

◇プレビュー第1弾「久我vs和氣」

◇特別企画…若手指導者座談会 ロマチェンコの「ここが凄い」

◇特集…東洋のライバル フィリピン・ボクサーに要注意

◇連載対談…飯田覚士の直撃トーク:伊藤雅雪

◇好評連載…きっかけのエピソード「岩佐亮佑」/Eye of BEAT「久高寛之」/チャンピオンの殿堂「バーニー・ロス」/石井一太郎「会長の日々」/浜田剛史の世界トップ選手ウォッチ ほか

=ご購入先=

アマゾン https://amzn.to/2JBSJGn

デジタル版 http://urx.mobi/H2m1

スマホ【iOS版】http://goo.gl/t9j7OK   【Android版】http://goo.gl/K9V6Qv


カテゴリー: News