デイビス3回TKO勝ち WBAスーパーSFe級王座獲得

投稿者: | 2018年4月22日

 21日(日本時間22日)ニューヨーク・バークレイズセンターのトリプルヘッダーの第1試合で前IBF世界S・フェザー級王者ジェルボンテ・デイビス(米)がヘスス・クエジャール(アルゼンチン)に3回TKO勝ち。決定戦を制しWBA同級“スーパー”王者に就いた。

 サウスポー同士。初回、ボディー攻撃でデイビスが優勢。2回半ば、強烈な左ボディーでデイビスがダウンを奪う。デイビスは3回、クエジャールを2度倒してレフェリーストップを呼び込んだ。TKOタイムは2分45秒。

 デイビス(23)は20勝19KO無敗。昨年8月のフランシスコ・フォンセカ(コスタリカ)との試合はストップ勝ちしたものの、計量でリミットオーバーしIBF王座をはく奪された。アブネル・マレス戦以来16ヵ月ぶりのリングだった前WBAフェザー級王者クエジャール(31)は28勝21KO3敗。Photo from Amanda Westcott/SHOWTIME


カテゴリー: News