月別アーカイブ: 2019年7月

ミドル級無敗のクイッグリー ストップ負けで初黒星

 18日(日本時間19日)米カリフォルニア州インディオのファンタジー・スプリングス・カジノで行われたWBC傘下の北米タイトル、NABFミドル級タイトルマッチは、挑戦者トレアノ・ジョンソン(バハマ=米)が王者ジェイソン・クイッグリー(アイルランド)に9回終了TKO勝ちを収めた(カリフォルニア州ルールではKO)。  WBCミドル級5位のクイッグリーに対し、元上位ランカーのジョンソンが3回からペースを掌握。突進して距離を詰め上下に激しくパンチを浴びせる。時折サウスポーにスイッチして打開を試みるアイルランド人だがロープを背負う場面が続出。9回、ジョンソンの右ボディで劣勢に追い込まれたクイッグリーは10回開始前にコーナーでギブアップした。  前回、無名のメキシコ選手にドローに終わったジョンソン(35)だが、この日は別人のような出来で再浮上のチャンスをつかんだ。21勝15KO2敗1分。以前、村田諒太の対戦候補にも挙がったクイッグリー(29)は初黒星。16勝12KO1敗。  セミで行われたWBA傘下の北米タイトル、NABA・S・バンタム級戦は、挑戦者レオナルド・バエス(メキシコ)が王者アルベルト・メリアン(アルゼンチン)に3-0判定勝ち(97-93×3)。Photos:Tom Hogan-Hoganphotos/Golden Boy

カテゴリー: News

あす刈谷 水野拓哉vsガスカ、畑中建人も登場

 愛知県刈谷市あいおいホールであす20日に挙行される「SUPER FIGHT」の計量が19日、同市のホテルエースイン刈谷で行われ、メインの56.7キロ8回戦に出場する日本S・バンタム級13位の水野拓哉(松田)が56.7キロ、元OPBF・S・バンタム級王者ロリ・ガスカ(大阪帝拳)が56.5キロをマークした。  松田ジム期待の水野は16勝14KO1敗1分。計量後は「絶対倒します!」と力強く宣言して会場をあとにした。  フィリピン出身の30歳、ガスカは25勝8KO8敗1分。「水野のことは知らないが、ランキングに入っているからいい選手なのだろう。名古屋は思い出の場所(2011年に大橋弘政からOPBF王座を奪取)なので、勝ってチャンスをつかむ」と意気込んだ。  松田ジムの松田紘太マネジャーは「名古屋での松田ジムvs大阪帝拳ジムは、薬師寺vs辰吉(1994年12月、名古屋レインボーホール)以来。お客さまにはそのあたりにも注目してほしいです」と話した。  セミには元世界王者、畑中清詞会長の息子で日本フライ級6位の畑中建人(畑中)が登場。トマス・トペ・フレク(インドネシア)と51.5キロ8回戦を行う。  またフェザー級8回戦で、拓殖大出身でデビューから3連続KO勝ちの竹嶋宏心(松田)がWBOアジアパシフィック同級2位ジョンジョン・エストラーダ(比)と対戦する。写真提供:清水博マッチメーカー

カテゴリー: News

【動画あり】9.13伊藤雅雪が再起 年末大一番狙う

 前WBO世界S・フェザー級チャンピオンの伊藤雅雪(横浜光)が19日、横浜市内のジムで記者会見を開き、9月13日後楽園ホールの「A-sign」で復帰戦を行うと発表した。試合はライト級10回戦を予定しており、対戦相手は未定。  伊藤は7月、米フロリダ州キシミーでジャメリ・ヘリング(米)に敗れて2度目の防衛に失敗。王座から陥落した。会見した伊藤は「まだまだ燃え尽きていないというのが本音。村田さんじゃないけど、あの試合が最後では納得がいかないと思った」と再起にかける意気込みを口にした。  5月に王座陥落し、9月に再起戦は早いという見方もあるが、「年末にチャンスがあったら狙いたいと思い、9月に試合をすることにした」と伊藤。昨年末の初防衛戦がフジテレビで放映されたこともあり、今年もその枠にを目指すプランがあるようだ。  これまでと変えていく点を問われた伊藤は「いままでは慣れない環境(アメリカ)でやることでハングリーになるし、意味があると思っていた。だんだん慣れていく中で、身体のケア、コンディショニングを考えると、日本での調整を長くしていこうと思う」。ルディ・エルナンデス、岡辺大介トレーナーとの関係を維持しつつ、軸足を日本に置く考えを示した。  伊藤はヘリングとの再戦を希望しつつ、雪辱戦に固執せずに、今後はS・フェザー級、ライト級の2階級で世界を目指していく考え。9月の復帰戦(ライト級)の内容を踏まえ、今後の方針を固めていく。  9月13日は伊藤がメイン。セミで日本フェザー級王座決定戦、阿部麗也(KG大和)vs佐川遼(三迫)が行われる。

カテゴリー: News

中谷正義、挑戦者決定戦の前日計量クリア

ボクシングIBF世界ライト級挑戦者決定12回戦は19日(日本時間20日)、米メリーランド州オクソンヒルのMGMナショナルハーパーで開催される。東洋太平洋同級王座を11度防衛中のIBF同級3位中谷正義(30=井岡)が、13戦(11KO)全……

中谷正義が計量合格 あすロペスとIBF挑戦者決定戦

 あす19日(日本時間20日)、米メリーランド州オクソンヒルでゴングが鳴るIBF世界ライト級挑戦者決定戦の前日計量が現地で行われ、同級3位の中谷正義(井岡)と4位のテオフィモ・ロペス(米)がともに134.4ポンド(60.96キロ)でリミットの135ポンド(61.23キロ)ポンドをクリアした。プロモーターはトップランク。試合の模様はESPN+で全米に中継される。  30歳の中谷は18勝12KO無敗。OPBF王座を11度防衛しており、国内では敵なし。村田諒太の王座奪回戦を観戦して大いに刺激を受けたという中谷は「初回からアグレッシブに攻めて相手を圧倒したい。同時にロペスは動き回る選手だから慎重に対処したい。アメリカでこれまで培った実力を披露したい」と会見で発言。そして「身長とリーチを生かした戦法で戦わなければいけない」と決意を語った。下の動画は出発前に国内で撮影。  21歳のロペスは13勝11KO無敗。リオデジャネイロ五輪に両親の祖国であるホンジュラス代表として出場した元トップアマで、トップランクが期待をかけるホープだ。これまで「ボディー打ちで倒す」など不敵な発言をしてきたが、試合が近づき「中谷は私がプロデビューする前から12回戦を戦っていた。彼はたくさんの経験を積んでいる」とOPBF王者をリスペクトするコメント。  それでも「初のメインイベントで張り切っている。彼の経験を私の才能が打ち破る。誰も世界王者への道を妨げる者はいない」と自信を隠せない。  中谷の知名度が海外で低いこともあり、下馬評は圧倒的に不利。逆境を乗り越え殊勲のアップセットに期待が集まる。現在のIBFライト級王者はリチャード・コミー(ガーナ)。Photo by Mikey Williams/Top Rank

カテゴリー: News

井上尚弥のWBSS決勝 主催者が「11月上旬」

ボクシングWBA・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(26=大橋)が決勝進出しているワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)を運営するコモサのカレ・ザワーランド氏が18日(日本時間19日)、11月上旬に同級決勝を開催すると明かし……

元WBOミニマム級王者の福原辰弥が引退表明

WBOミニマム級元王者の福原辰弥(30=本田フィットネス)は18日までに、自身のフェイスブックで現役引退を表明した。 熊本市出身の福原は17年2月に暫定王者となり、4月に正規王者に昇格したが初防衛に失敗した。その後、今年5月までに2度、……

井上尚弥vsドネアは11月か 拓真とダブルの可能性も

 大橋ボクシングジム後援会活動報告会・懇親会が18日、横浜市内のホテルで開かれ、大橋ジム所属選手とトレーナーが集まった約300人の後援者に激励された。大橋秀行会長は、WBA・IBF世界バンタム級王者、井上尚弥のWBSS決勝について、開催時期は現段階で11月との見通しを示した。  井上は参戦中のWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)決勝でビッグネームのノニト・ドネア(フィリピン)と対戦が決定済み。日時と場所の交渉は大詰めを迎えているようで、大橋会長は場所は明かさなかったものの、時期は「11月とかですね」と語った。  また、WBC世界バンタム級暫定王座を保持している弟の拓真と正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)との対戦交渉に関しては「同時並行で進めている」とした上で、尚弥と拓真の世界戦がダブルで行われる可能性について「視野に入れている」と話した。  兄弟ダブル世界戦の可能性を耳にした尚弥は「(もしそうなったら)激アツじゃないですか」と興奮気味。拓真も「前からの夢だったので」と大歓迎した。  準決勝の日程がなかなか決まらなかったWBSSだけに、まだ不透明な部分は起こるが、尚弥は11月の試合を想定して、すでに「いまけっこう気合い入れてますよ」という状態。拓真とともに現在はマスボクシング、8月から本格的なスパーリングを始め、来るべき大一番に備える予定だ。

カテゴリー: News

井上尚弥「切磋琢磨できる」兄弟ダブル世界戦を歓迎

ボクシングWBA・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(26)、WBC世界同級暫定王者の弟拓真(23=ともに大橋)が初めてとなる兄弟ダブル世界戦実現に大きな期待を寄せた。 18日に横浜市内で開催された大橋ボクシングジム後援会パーティーに出席……

井上尚弥のWBSS決勝は11月内定、ドネアと対戦

ボクシングWBA・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(26=大橋)が臨む階級最強決定トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝は11月開催に内定した。18日に横浜市内で開催された大橋ボクシングジム後援会パーティー……