月別アーカイブ: 2018年9月

BJサンダース、薬物陽性反応アンドレード戦はどうなるのか ミドル級最前線シリーズ10

 タイトルマッチはどうなってしまうのだろうか。メキシカン・アイドル、カネロが1年

六島ジムの新鋭 桑畑凛生&国本陸が中国で快勝

 大阪商大ボクシング部出身で六島ジムに入門したバンタム級、桑畑凜生(22)とミドル級の国本陸(21)が29日、中国雲南省昆明市で開催された興行に出場、桑畑は2回TKOでデビュー戦を飾り、国本もタフな相手に6回判定勝ち、プロ2連勝をマークした。  市内中心部の金源ショッピングセンターに特設リングが設けられ、会場は満員。女子選手を含む若手選手の8試合が行われた。  主将として今年の関西学生リーグで3戦3勝とチームを引っ張った大阪商大4年の桑畑は楊志梁(中国)とのS・バンタム級4回戦に登場。1回に右ストレートでダウンを奪い、2回は左ボディフックを再三ヒットして、張をロープに詰めて連打、2分5秒、レフリーストップを呼び込んだ。  大学を2年で中退した国本は張華望(中国)との70.2キロ契約6回戦に臨み、ガードを固めながらジャブをヒット、3回からはボディを攻めて、左右フックのフォローでダウン寸前に追い込んだが、仕留め切れなかった。スコアは60-54、59-55×2。  枝川孝会長は「2人は初の海外試合でいい経験を積んだと思う。これからしっかり練習して、ジムの看板選手になってほしい」とルーキーに期待していた。=写真:六島ジム提供

カテゴリー: News

「マイキー、ラミレスと!」リナレス快勝で再起

 

 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)戦からの復帰戦となる3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(帝拳=ベネズエラ)が29日(日本時間30日)米カリフォルニア州インディオのファンタシー・スプリングス・リゾート・カジノに登場。S・ライト級12回戦でミゲル・コットの親戚というアブネル・コット(プエルトリコ)に3回1分31秒KO勝ちを収めた。

 

 キャリア初期に指導を受けたホルヘ・セルパ・トレーナーと再度コンビを組んだリナレス。初回から左ボディーな…

カテゴリー: News

渡邊卓也が台湾で勝利、セルバニアは米国でKO勝ち

■日本フェザー級2位の渡卓也(青木)が29日、台湾の台北で行われた興行のメインイベントに出場。マクサイサイ・シットサイトーン(タイ)に7回TKO勝ちを収め、OPBF・S・フェザー級シルバー王座を獲得した。元WBOアジアパシフィック同級王者でもある渡邊は35勝20KO8敗1分。これが海外で13試合目だった。マクサイサイは19勝8KO11敗。=写真:青木ジム提供 ■米オークランドで行われたIBF世界S・フライ級タイトルマッチの前座で、WBOフェザー級1位のゼネシス・セルバニア(カシミ=フィリピン)が、昨年山中慎介に挑戦して敗れたカルロス・カールソン(メキシコ)とのS・バンタム級8回戦に3回KO勝ち。セルバニアはWBO世界フェザー級戦に敗れて以降3連勝で32勝15KO1敗。

カテゴリー: News

拳四朗V4の秘策は体脂肪管理と酸素カプセル

ボクシングのWBC世界ライトフライ級王者拳四朗(26=BMB)が体脂肪率管理と酸素カプセルの疲労回復で4度目の防衛戦(10月7日、横浜アリーナ)に備える。 同級6位の元IBF同級王者ミラン・メリンド(30=フィリピン)戦を控え、29日に……

花形冴美が涙「会長と同じ」5度目世界戦で新王者

IBF世界女子アトム級王座決定戦10回戦は29日、東京・後楽園ホールで行われ、東洋太平洋ミニマム級王者花形冴美(33=花形)が新王者となった。元WBCミニマム級王者黒木優子(27=YuKOフィットネス)と同王座を争い、2-1の判定勝利を……

著名マッチメーカー ドン・チャーギン死す

 米国西海岸のボクシング興行を支えるマッチメーカー、プロモーターとして活躍したドン・チャーギン氏が28日(日本時間29日)カリフォルニア州サンルイス・オビスポの病院で亡くなった。90歳だった。近年ガンとの闘病生活を送っていた。

 同州サンノゼ出身のチャーギン氏は若くしてボクシング興行に身を投じ、初期には世界バンタム級王座15度連続防衛を誇るマヌエル・オルティス(米)らを売り出す。

 その後1964年から84年までロサンゼルスの伝説のアリーナ、オリンピック・…

カテゴリー: News

小浦が冨田との無敗対決制す「世界を取るまで絶対」

王者の小浦翼(23=E&Jカシアス)が無敗対決を制し、3度目の防衛に成功した。デビューから12戦無敗の挑戦者、同級8位冨田大樹(20=堺東ミツキ)の挑戦を受け、最大11ポイント差をつける3-0の大差判定勝利を飾った。 軽快なステップで自……

花形冴美「何度でもやりたい」黒木優子に判定勝ち

5度目の世界挑戦となった東洋太平洋ミニマム級王者花形冴美(33=花形)が決定戦を制し、新王者となった。2階級制覇を狙った元WBC同級王者黒木優子(27=YuKO)と同王座を争い、2-1の判定勝利を収めた。 3回に強烈な右ストレートでぐら……