月別アーカイブ: 2018年8月

前王者の山中竜也が引退会見 後遺症なく第2の人生へ

 前WBO世界ミニマム級王者、山中竜也(23=真正)は31日、神戸市の旧真正ジムで記者会見を開き現役引退を表明した。  7月13日、神戸市中央体育館で行われたビック・サルダール(フィリピン)との2度目の防衛戦で7回にダウンを喫し、12回判定負けを喫した後、会場から帰る際に頭痛で歩行困難となり、神戸市民病院へ緊急搬送され、急性硬膜下血腫と診断された。  幸い大事には至らず、1週間の入院で退院したが、日本ボクシングコミッション(JBC)の規則で頭蓋内出血をしたボクサーはライセンスを失効することが定められており、無念の引退となった。  山中は「最初は自分のことじゃないような気持ちでした。病名は聞いたことがあり、ジムの先輩にそれで引退した人がいたので、自分もそうなるのかなあと」とショックを受けたそうだ。「母にもうボクシングができなくなると言ったら、悲しそうな半面、ほっとした表情でした」。  大阪・堺市出身。漫画「はじめの一歩」を愛読、小学6年生のときに自宅近くの集会所で開かれていたボクシング教室に参加してボクシングを始めた。  長谷川穂積選手にあこがれて中学2年生の時から1時間以上かけて長谷川がいる真正ジムに通った。ボクシング歴12年でプロ生活6年。16勝5KO3敗の成績。山下正人会長は「隠れた天才かも知れないが、本当に努力の男。人の練習を見ていろいろ吸収して上達、これからもっと強くなるはずだった」と惜しんだ。 「30歳まではボクシングを続け、母に家を建てたい」と語っていた山中だが、思わぬ形でグローブを置くことになった。「これからのことはまだ全然考えてなくて。白紙? はい、そうです」と山中。9月5日に頭のCT画像検査があるが、いまのところは後遺症はなく、今後はトレーナーなどの選択肢も含めて、第2の人生を歩む決意だ。

カテゴリー: News

4度目こそ実現?呪われたバンタム級で両者計量パス

8カ月空位が続くボクシング日本バンタム級王座決定戦が、9月1日に東京・後楽園ホールで行われる。前日計量が31日に都内であり、同級2位斉藤裕太(30=花形)と同級4位菊地永太(32=真正)が、ともにリミットの53・5キロで一発クリアした。……

“のろわれたバンタム” あす齊藤と菊地で王座決定戦

 あす1日後楽園ホールでゴングとなる日本バンタム級王座決定戦の計量が31日、日本ボクシングコミッションで行われ、同級2位の齊藤裕太(花形)と同3位の菊地永太(真正)がそろってリミットの53.5キロで合格した。  バンタム級は1月から王座空位が続いている。前王者の赤穂亮(横浜光)が1月、減量失敗により1位の鈴木悠介(三迫)との防衛戦を中止にしたのがみそのつきはじめだった。  赤穂が王座を返上して鈴木と村中優(フラッシュ赤羽)による決定戦が1月に組まれたが、鈴木のけがにより試合は中止に。続いて村中と齊藤の決定戦が6月セットされたが、今度は村中が減量に失敗して試合は流れた。  6月の決定戦が試合前日で流れてしまった齊藤(10勝7KO9敗3分)は「バンタム級はのろわれているとも言われていたので(2人とも計量クリアで)ほっとしている」とまずは胸をなでおろした。  齊藤はちょうど1年前、日本タイトル初挑戦で赤穂に惜しくも敗れたが、善戦によって自信がついたとのこと。「赤穂戦は負けることも想像したけど、今回は勝つことしか考えていない。倒して勝ちたい」と自信たっぷりに言い切った。  一方の菊地(21勝8KO5敗4分)は昨年10月の挑戦者決定戦で鈴木に敗れたものの、相次ぐキャンセルという異例の事態によってチャンスがまわってきた形だ。  菊地は鈴木戦の敗北をバネに「ただ努力するだけではダメ。考え方を変えて、自分に必要なことを明確にしてトレーニングするようになった」という。  当日はジムの大先輩、3階級制覇王者の長谷川穂積さんも応援に駆け付ける予定。菊地が13年6月、OPBF・S・バンタム級王者だった和氣慎吾(FLARE山上)に敗れて以来のタイトルマッチで悲願のベルト獲得を目指す。  あすのアンダーカードでは、世界ランキング入りしているS・ライト級の近藤明広(一力)、フェザー級の阿部麗也(KG大和)らが出場する。試合の組み合わせは以下の通り(17時45分開始)。 ◇日本バンタム級王座決定10回戦 齊藤裕太(花形)vs菊地永太(真正) ◇151ポンド8回戦 チャールズ・ベラミー(横浜光)vs清水優人(木更津グリーンベイ) ◇58.5キロ8回戦 阿部麗也(KG大和)vs野口将志(一力) ◇S・ライト級8回戦 宮崎辰也(マナベ)vs近藤明広(一力) ◇フェザー級8回戦 高橋竜平(横浜光)vs草野…

カテゴリー: News

山中竜也が引退表明 今後の事は「全然考えてない」

ボクシングの元WBO世界ミニマム級王者山中竜也(23=真正)が31日、神戸市内で会見を行い、引退を表明した。7月13日の2度目の防衛戦で判定負けした後、会場を去り際に頭痛を訴えて同市内の病院に緊急搬送され、急性硬膜下血腫の診断を受けた。……

最新日本ランキング 大嶋、木村らランク入り

 日本ボクシングコミッション(JBC)が30日、都内でランキング会を開き、最新の8月度ランキングを作成した。  今月、王者が入れ替わったのはS・フライ級。新チャンピオンに奥本貴之(グリーンツダ)がなり、敗れた久高寛之(仲里)は4位に。ミニマム級小野心、フェザー級源大輝(ともにワタナベ)、ウェルター級矢田良太(グリーンツダ)がそれぞれ初防衛に成功した。女子の矢吹純(協栄)は女子日本ミニマム級王座を返上した。  新たに12位以内にランキング入りしたのはL・フライ級12位の池間亮弥(広拳)、S・フライ級11位ダイナミック健次(大鵬)、バンタム級12位大嶋剣心(帝拳)、S・フェザー級8位木村吉光(白井・具志堅S)、S・フェザー級12位岡田誠一(大橋)。また「13位以下」でS・バンタム級大里登(大鵬)、藤岡飛雄馬(宮田)が入った。  一方、L・フライ級のツカダ絆人(セレス)、フライ級堀陽太(横浜光)、ウェルター級坂本大輔(角海老宝石)は引退のため名前が消えた。

カテゴリー: News

村田諒太V2戦決定まで 標的はGGGvsカネロの勝者

 WBA世界ミドル級王者、村田諒太(帝拳)のV2戦が発表されたが、対戦決定までの交渉過程は紆余曲折だった。帝拳ジムの本田明彦会長によると、当初はジェイソン・クイッグリー(アイルランド)を相手に交渉を進め、WBAもこれを認めていたという。しかし、WBAが突然ブラントとの指名試合を通告したことで事態が複雑化した。  これを受けてブラントとの交渉がスタートするかに思えたが、ブラント側が法外なファイトマネーを要求してきたため、村田陣営は王座はく奪も覚悟でクイッグリーとの試合を強行する方向に舵を切りかけた。しかし、最終的にブラント側が譲歩したことで交渉がまとまったという。  村田はこの試合の先に、9月に対戦するWBAスーパー&WBC王者ゲンナジー“GGG”ゴロフキン(カザフスタン)とサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)の勝者との対戦を目指している。  ゴロフキンやカネロと対戦するためには、「ただ勝てばいいというわけじゃない。アメリカで村田が本当に強いのかを見せないといけない」(浜田剛史代表)という事情があり、ブラントよりも好戦的で、試合の面白くなりそうなクイッグリー戦で村田を全米にアピールしよう考えた。  クイッグリーはカネロと同じゴールデンボーイ・プロモーションズと契約しており、カネロがゴロフキンに勝利した場合に交渉しやすい、という計算もあったという。 本田会長、浜田代表がそろってKO指令  それでもブラントとの試合が決まったからには「KOしにくい相手だけど、今回はKOを狙わせる」と本田会長。浜田代表も同じようにノックアウトを指令した。  村田は「僕はハッピー。指名試合をやらないで、逃げたと思われるのが嫌だった。指名試合というのが一番のモチベーションになっている」とブラント戦を歓迎しながらも、交渉の過程でブラント陣営からリスペクトを感じず「感情的になっている自分がいる。感情に振り回されないようにしたい」とも話した。  本田会長によると、交渉が難航したのは人気の高いミドル級であること、DAZNのアメリカ進出で選手の獲得競争が激化していることなどが背景にあるという。いずれにしても村田にできることは己の拳でインパクトのある勝利を見せつけることだ。

カテゴリー: News

村田がラスベガスでV2戦 10.20ブラントと指名試合

 WBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太(帝拳)が30日、東京・九段下のホテルグランドパレスで記者会見を開き、10月20日(日本時間21日)米ラスベガスのパークシアターで同級2位ロブ・ブラント(米)と2度目の防衛戦を行うと発表した。  村田がラスベガスのリングに立つのは15年11月、16年7月に次いで3度目だが、世界王者としてメインイベントで上がるリングはひと味もふた味も違うだろう。  会見でマイクを握った村田は「中学生のときにずっと見ていたラスベガスの舞台。トリニダートとバルガスがマンダレイベイで試合をしている姿が鮮明に残っている。あんなインパクトのある試合をしたい」と声を弾ませた 。  対戦相手のブラントはアマチュアで102勝22敗の戦績を残し、10年にはゴールデン・グローブスのL・ヘビー級で優勝。12年にプロデビューし、WBC米ミドル級王座、WBA北米ミドル級王座を獲得するなどキャリアを重ねた。  プロでの戦績は23勝16KO1敗。唯一の敗北は昨年10月、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のS・ミドル級準々決勝で元L・ヘビー級世界王者ユルゲン・ブレーマー(ドイツ)に判定負けしたものだ。  ブラントについて田中繊大トレーナーは「スピードがあって手数の多い選手」と説明。村田は「キーポイントは僕がプレッシャーをかけて、彼が下がるかどうか。ショートをしっかり打ち、得意なロングからの右ストレートじゃなくてもプレシャーをかけたい。だいたい青写真は描けている」と試合をイメージした。  この試合に勝利して、9月15日にラスベガスのT-モバイル・アリーナで行われるミドル級頂上対決、2団体王者ゲンナジー“GGG”ゴロフキン(カザフスタン)vsサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)の勝者との対戦にこぎつける、というのが陣営の描くブランだ。  村田もそのことは百も承知した上で「この試合に勝てば、次にだれとやりたいとか言う権利が生まれてくると思う」と発言。試合の模様が日本人選手として初めて動画配信サービス、DAZN(ダゾーン)で国内ライブ配信されることもあり、「必ずいい試合をして、ノックアウトして、面白い試合を提供したい」と意気込んだ。  なお、DAZNの生中継は日本国内のみ。アメリカではケーブルテレビ局のESPNが中…

カテゴリー: News