月別アーカイブ: 2018年7月

田中恒成が木村翔への挑戦発表 WBOフライ級戦

 畑中ジムが31日、名古屋市内のCBCテレビで会見を開き、9月24日(祝・月)に同市の武田テバオーシャンアリーナでWBO世界フライ級タイトルマッチを行うと発表した。所属の田中恒成が3階級制覇をかけ、チャンピオン木村翔(青木)に挑む。  田中はミニマム、L・フライ級を制し、現在はWBOフライ級の1位。3月の世界前哨戦でロリー・バルドナド(比)を破ってからは指名挑戦者として王座挑戦のスタンバイ状態だった。木村がさる27日に中国・青島でフローイラン・サルダール(比)を6回KOに下し2度目の防衛に成功したことで、今回の日本人対決が実現に至った。 田中「倒しにいきます」 勝てばロマチェンコに並ぶ記録  畑中清詞会長らと会見に臨んだ田中は「3階級制覇のチャンスがあるなら臨みたいと思っていました。勝って達成したい」とコメント。木村について「中国でもどこであってもぶれないメンタルを持っている。いま勢いがあって、とても手強いチャンピオンです」と語り、タフな試合を覚悟している様子だ。そのうえで「倒しにいきます」と宣言した。  田中には、過去に井上尚弥(大橋)ら5人の日本人ボクサーが記録している3階級制覇がかかるが、今度の試合で木村に勝って達成すれば、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に並ぶプロ12戦目での“世界最短出世記録”となる。木村-田中戦は当日CBCテレビが生中継する予定。  なお中国から帰国して間もないチャンピオンの木村は後日記者会見を開き、意気込みを語る予定だ。

カテゴリー: News

大竹秀典、日本男子最年長での世界王座初奪取狙う

 ボクシング東洋太平洋スーパーバンタム級王者でWBO同級6位の大竹秀典(37=金子)が日本男子最年長となる37歳1カ月での世界王座初奪取を狙う。  8月25日(日本時間26日)、米アリゾナ州グレンデールのヒラ・リバー・アリーナで同級王者……

大竹秀典、敵地王座戦で「絶対タイトル取って帰る」

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーバンタム級タイトルマッチ(8月25日・米アリゾナ州)で王座獲得に挑む同級6位の大竹秀典(金子)が7月31日、横浜市内で記者会見し「負けたら引退と言われるので絶対に米国でタイトルを取って帰る」と決意を……

8.25世界挑戦の大竹秀典「不可能を可能にする!」

 8月25日(日本時間26日)米アリゾナ州クレンデールのヒラリバーアリーナでWBO世界S・バンタム級王者アイザック・ドグボエ(ガーナ)に挑戦するOPBF同級王者の大竹秀典(金子)が31日、勤務先の横浜ビール直営店「驛の食卓」で記者会見を開いた。  大竹に2度目のチャンスが巡ってきた。満を持して記者会見に挑んだ大ベテランは「ボクシングがこの1年くらいですごく楽しくなってきた。37歳は日本では定年だけど、不可能を可能にするのが自分の仕事だと思っている」と落ち着いた口調ながら力強く決意表明した。  2014年11月、英国リバプールに乗り込みWBA王者のスコット・クイッグ(英)に挑戦するも判定負け。「もう伸びないなら引退しよう」と考えたが、世界との差を埋めるためにチーム編成を一新。新しい大竹秀典を作り上げるというミッションをスタートさせた。  新たにコンビを組んだ飯田勇司トレーナーとはパンチの打ち方から再確認を行った。川人将裕フィジカルトレーナーの指導のもと、体幹を重視したフィジカルトレーニングを取り入れ、食事の改善や身体のケアなど、これまで決して十分とは言えなかったコンディショニングにも気を配った。  横浜ビールの理解を得て、勤務時間も減らしてもらい、世界再挑戦に向けた準備を整えた。こうした取り組みは昨年3月のOPBF王座を獲得、その後の3度の防衛という結果となって表れた。  王者のドグボエは19勝13KO無敗の戦績を誇る23歳の若きパンチャーだ。大竹(31勝14KO2敗3分)は「不利と言われる試合を勝ってこそ世界チャンピオンだと思う」とした上で「強いパンチを振ってくる選手なので、どれだけ小さく打っていけるかに重点を置いて練習をしている」と対策の一端を明かした。  大竹がタイトルを獲得すれば37歳1ヵ月。長谷川穂積が16年9月、WBC世界同級王座を獲得して35歳9ヵ月の最年長王座獲得記録を更新する。  アメリカでは28日、伊藤雅雪(伴流)がWBO世界S・フェザー級王座を獲得し、日本人として同国で37年ぶりに世界タイトルを手にした。はたして大竹も伊藤に続けるか。

カテゴリー: News

3階級制覇へ田中恒成「倒し行く」王者木村翔に挑戦

 ボクシングのWBO世界フライ級1位田中恒成(23=畑中)が31日、名古屋市内で会見し、9月24日に同市の武田テバオーシャンアリーナで同級王者木村翔(29=青木)に挑戦すると発表した。  田中は元WBOミニマム、ライトフライ級王者で世界……

JOCにも「ボクシング再興する会」から告発状届く

 日本ボクシング連盟(山根明会長)が、アスリート助成金を不正流用するなどした疑いがあるとして、都道府県連盟の会長や理事長、歴代オリンピック(五輪)代表選手ら333人が日本オリンピック委員会(JOC)などに告発状を送った問題で、試合用グロ……

村田諒太「潔く辞めましょう」連盟の不正疑惑を批判

 日本ボクシング連盟(山根明会長)が、アスリート助成金を不正流用するなどした疑いがあるとして、都道府県連盟の会長や理事長、歴代オリンピック(五輪)代表選手ら333人が日本オリンピック委員会(JOC)などに告発状を送った問題で、試合用グロ……

日本ボクシング連盟不正疑惑 独占販売もパワハラも

 日本ボクシング連盟(山根明会長)が、アスリート助成金を不正流用するなどした疑いがあるとして、都道府県連盟の会長や理事長、歴代オリンピック(五輪)代表選手ら333人が日本オリンピック委員会(JOC)などに告発状を送った問題で、試合用グロ……

井上尚弥WBSSへ地獄トレ「パヤノとは体力勝負」

 ボクシングWBA世界バンタム級王者井上尚弥(25=大橋)が30日、今秋開幕のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)に備え、静岡・熱海合宿を開始した。  WBSS1回戦となる元WBAスーパー王者の同級4位フアンカルロス・パヤ……

最新日本ランキング 利川と越川が初ランク入り

 JBC(日本ボクシングコミッション)は30日に会議を開き、最新の7月度日本ランキングを作成した。今月は27日行われた注目のS・バンタム級戦で王者が交代。新しく和氣慎吾(FLARE山上)が同級王座に就いた。和氣に敗れV3に失敗した久我勇作(ワタナベ)は4位となった。そのほかチャンピオン陣ではL・フライ級久田哲也(ハラダ)とフライ級黒田雅之(川崎新田)がともにV4をマークしている。  新たにランキング入りをしたのはミニマム級10位にデシエルト長池(青木)、L・フライ級12位に矢島大樹(松田)、S・バンタム級7位大森将平(ウォズ)、同級11位古橋岳也(川崎新田)。ライト級9位に入った利川聖隆(横浜光)、S・ウェルター級5位の越川孝紀(セレス)はうれしい初ランクだ。 日本王座挑戦者決定戦のカード続々決定  また6月度ランキングを基に組み合わせが決まる「チャンピオンカーニバル挑戦者決定戦」(協会主催)については、続々と対戦カードが明らかになっている。確定済みのカードは以下の通り。 ◇ミニマム級 榮拓海(折尾)vs田中教仁(三迫) ◇L・フライ級 堀川謙一(三迫)vs板垣幸司(広島三栄) ◇フライ級 中谷潤人(M.T)vs小坂駿(真正) ◇S・フライ級 ユータ松尾(ワールドS)vsレイ・オライス(FLARE山上) ◇S・バンタム級 中川麦茶(角海老宝石)vs岡本ナオヤ(東拳) ◇ライト級 アクセル住吉(関門JAPAN)vs柳達也(伴流) ◇ウェルター級 別府優樹(久留米櫛間)vs永野祐樹(帝拳) ◇S・ウェルター級 斉藤幸伸丸(アベ)vs松永宏信(横浜光)

カテゴリー: News