月別アーカイブ: 2018年6月

48歳の池山直 最年長世界防衛記録へ意気込み

 WBO世界女子アトム級タイトルマッチ10回戦(7月29日、京都市・KBSホール)で7度目の防衛を目指す48歳の国内最年長世界王者、池山直(フュチュール)が30日、京都市内のジムで練習を公開、防衛戦の決意を表明した。  対戦相手はOPBF・L・フライ級王者、岩川美花(34=高砂)。池山は花形冴美(ワタナベ)と引き分けて6度目の防衛戦を果たして以来1年ぶりの試合となる。 「じっくり調整しているし、まだまだ衰えは感じていません。技術面で身につけていないことが多すぎるので、まだ伸びしろはあると思っています」と岡山、京都でハードなトレーニングを積み、元気いっぱい。「ジムがある京都で初の試合なので、すごくうれしい。スロースターターは返上して前に出て、KOを狙います」」と語った。池山は10勝2KO2敗2分、岩川は7勝3KO5敗1分。  岡山市役所に勤める池山は県立岡山操山高校では柔道部に所属。30歳の時、「仕事が終わってから、もっと体を動かしたい」と市内のアマジムに通い始めた。JBCが女子ボクシングを認可していない時代にプロになり、8勝3KO1敗1分の戦績を残した。  認可後に38歳ながら特例でプロテストを受験して合格。当初は中外ジム所属。13年にフュチュールに移籍、14年5月にWBO女子アトム級初代王者になり、防衛を重ねている。  JBCからその年齢から「負ければ引退」の勧告を受けており、常に崖っぷち状態で戦う池山を応援するファンは多い。公務員のためフアイトマネーは受け取っていない池山は「自分のためなら、続けてはこれなかった。勝てば次もがんばれと応援してくださる方を裏切ってはいけない気持ちで続けています」と話す。 ホプキンスは49歳3ヵ月で防衛  最年長防衛世界記録は男子のバーナード・ホプキンス(米国)がL・ヘビー級のWBA、IBF王座を統一した49歳3ヶ月。池山は9月18日には49歳になる。今回防衛を果たせば、8度目の防衛戦は世界記録がかかる一戦となる。 「記録はまず、岩川さんとの試合に勝ってから。岩川さんは技術があり、巧い選手なので、持ち味の勢いでつぶせたら」と早い回から池山ラッシュを仕掛ける構えだ。

カテゴリー: News

訃報 ヨネクラジム王者第1号、林守さん逝く

  第2代日本J・ライト級チャンピオンで、サウスポーのテクニシャンとして活躍した林守さん(写真)が6月14日に亡くなっていたことが分かった。享年76歳。死因は心筋梗塞だったという。

 林さんは名門ヨネクラジムのチャンピオン第1号。神奈川県藤沢市出身。厚木高校から立教大学でアマのリングに立ち、1958年にはインターハイ全国大会のフェザー級で優勝。アマ戦績は101勝32KO・RSC10敗だった。

 1963年に創設間もないヨネクラジムからプロ転向。翌…

カテゴリー: News

ヨネクラOB健在 西澤トレーナー&嶋田会長代行誕生

■元日本ミドル級、OPBF・S・ミドル級王者の西澤良徳さん(52歳)が大橋ジムのトレーナーに就任した。西澤さんは昨年閉鎖されたヨネクラジムOBで、元世界王者の大橋秀行会長、松本好二トレーナーと苦楽をともにした仲。40歳をすぎても現役で活躍した西澤さんの指導としての活躍に期待。=写真提供:大橋ジム= ■こちらもヨネクラOB、現役時代は国内屈指の技巧派として鳴らした元日本ライト級王者で、世界にも2度挑戦した嶋田雄大さん(46歳)が、このたび新潟県十日町市の大翔(やまと)ジムの会長代行に就任した。嶋田さんは今年スタートした大翔ジムに指導者として携わっている。

カテゴリー: News

ラミレスvsアングロ あすWBO・S・ミドル級戦

 29日(日本時間30日)米オクラホマシティのチェサピーク・エネジー・アリーナで挙行されるWBO世界S・ミドル級タイトルマッチの計量が28日行われ、王者ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)が167ポンド(75.75キロ)、挑戦者8位ロアメル・アレクシス・アングロ(コロンビア)が167.2ポンド(75.84キロ)を計測。リミット168ポンドに合格した。  V4戦となるラミレスは「彼の映像を2試合見た。ビッグパンチャーでいい戦績を持っている。彼がどんな作戦で来るかはわからない。だから違う相手と非常にハードなスパーリングをたくさん積んだ。どんなスタイルで向かって来ても対応できる自信がある」とコメント。防衛すればWBC王者デビッド・ベナビデス(米)との統一戦が有力視される。  一方アングロは「コロンビアにもう一つの歓喜をもたらしたい」と強調。サッカーW杯で決勝トーナメントに勝ち進んだコロンビア代表に続いて母国へ勝利を誓う。23勝20KO無敗のレコードは王者の37勝25KO無敗と比べても遜色ないが、相手は無名ばかりで予想は大きくラミレス有利となっている。  セミでS・ライト級上位ランカー、アレックス・サウセド(メキシコ=米)がレニー・ザッパビクニャ(豪州)と10回戦。地元のサウセド(WBA2位)は139.4ポンド(63.23キロ)、世界挑戦歴があるザッパビクニャ(WBO8位)は139.6ポンド(63.32キロ)だった。Photos by Mikey Williams / Top Rank

カテゴリー: News

カーンが復帰2戦目 アンカハスが海軍に入隊

■英国のビッグネームの一人、元S・ライト級統一王者アミール・カーンが4月の試合に続きリングに登場する。9月8日バーミンガムのバークレイカード・アリーナ。相手はカナダ在住のコロンビア人サムエル・バルガス(NABAウェルター級王者)。28日プレゼンが開催された。カーンはパッキャオvsマティセーの勝者との対戦を望んでいる。 ■IBF・S・フライ級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン=26)が28日フィリピン海軍に入隊した。「子供の時からの夢が実現した」とアンカハス。トレーナーやマネジャーが元海軍関係者という背景が影響した。しばらく任務に専念し、リング登場は10月頃になる見込み。 ■ミドル級進出後も思い通りにリングに上がれない前S・ウェルター級王者デメトゥリアス・アンドラーデ(米)が契約問題がこじれていたスターボクシング&バンナー・プロモーションズとの関係を解除した。今後はトップランク、マッチルーム・ボクシング、アル・ヘイモンと折衝しキャリアを進行させる。Photo/Matchroom Boxing

カテゴリー: News

ラミレスが今週末V4戦 統一戦アピールなるか

 米オクラホマ州オクラホマシティのチェサピーク・エネジー・アリーナで30日(日本時間31日)挙行されるWBO世界S・ミドル級タイトルマッチの記者会見が28日、同アリーナで行われた。カードは王者ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)に8位のWBOラティーノ王者ロアメル・アレクシス・アングロ(コロンビア)が挑む。  ラミレス(37勝25KO無敗=27)はアルツール・アブラハムから獲得したベルトの4度目の防衛戦。WBC王者デビッド・ベナビデス(米)、賞金トーナメントWBSSで決勝に進出したWBA“スーパー”王者ジョージ・グローブス(英)らとの統一戦がクローズアップされているだけにどんなパフォーマンスを披露するか注目される。  挑戦者のアングロ(23勝20KO無敗=34)は好レコードを誇るものの実力はベールに包まれている。世界初挑戦に向け、アッサン・エンダムやギジェルモ・リゴンドウをコーチするキューバ人、ペドロ・ディアス氏に弟子入り。アップセットを目指す。  プロモーターはトップランク社。ESPN+(ストリーミング発信サービス)で全米に中継される。Photos by Mikey Williams / Top Rank

カテゴリー: News

日本バンタム級戦は齊藤vs菊地 9.1ダイナミック

 出場選手の度重なるアクシデントで1月から空位となっている日本バンタム級の王座決定戦が9月1日、後楽園ホールのダイナミックグローブに決定。2位の齊藤裕太(花形)と4位の菊地永太(真正)が対戦する。  日本同級は1月に王者の赤穂亮(横浜光)が減量に失敗、同月18日に予定されていたランク1位鈴木悠介(三迫)との防衛戦が中止となった。  これで赤穂は王座を返上。鈴木と2位村中優(フラッシュ赤羽)による王座決定戦が4月12日に組まれたが、鈴木のけがでこれも中止。さらに村中と新たに2位にランクされた齊藤との王座決定戦が6月22日にセットされながら、村中の減量失敗により中止という異例の事態となった。  2012年全日本S・フライ級新人王の齊藤(10勝7KO9敗3分)は昨年8月、日本バンタム級王座に初挑戦して赤穂に9回TKO負け。2度目のチャンスで悲願の日本タイトル獲得を目指す。  プロ13年目の菊地(21勝8KO5敗4分)は13年6月、OPBF・S・バンタム級王者だった和氣慎吾(FLARE山上)に挑戦して敗れて以来のタイトルマッチ。昨年10月の挑戦者決定戦では鈴木に敗れており、思わぬ形で再びめぐってきたチャンスを生かせるか。

カテゴリー: News

村田諒太が沖縄合宿 トレーニングと読書の日々

 秋の防衛戦に向け始動――WBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太(帝拳)が25日から1週間の予定で沖縄キャンプに入っている。今回は他に同行選手はおらず、中村正彦トレーナーとマンツーマンでランニングやインターバル練習で自らの肉体をいじめ抜いている。  5月にブランダムラに判定勝ちしV1を果たした後は、ジムワークを再開後も連日のように支援者らの会食の招待を受け忙しい日々を送っていた村田。今回のキャンプは「カラダのさび落としが一番の目的」。  早朝は国頭村のクロスカントリー・コースを走り込み、午後は場所を変え、階段上りなど中村トレーナーの作る過酷な練習メニューをこなす。  チャンピオンの強靭な脚力、スタミナには定評があるが、「村田の場合、最初は大したタイムが出なくても、徐々にアップしていく」(中村トレーナー)。この日は1キロ最速3分4秒が出たが、チャレンジ精神旺盛な村田は「いつか3分を切ってみたい」と32歳の今なお記録更新に意欲を燃やす。  練習以外はひとり自室にこもって好きな読書にもいそしんでいる。持ち込んだ書物には難解なハイデッガーの哲学書も含まれ、その難解さと格闘中というのも村田らしい。普段は2児の父親として子育てにも忙しいが、この1週間のキャンプ中は精神的なリフレッシュにもつとめているようだった。写真=山田光二

カテゴリー: News

村田諒太 腹巻きで胃腸防衛 V2ベルト巻くため

 V2へ、巻くのはベルトだけじゃない!? ボクシングのWBA世界ミドル級王者村田諒太(32=帝拳)が28日、秋に米国で予定する2度目の防衛戦に向けた合宿を沖縄県内で公開した。早朝、山中のクロスカントリー走の途中、口にしたのは常温の飲料。……

最新日本ランキング 佐川、藤北らがランク入り

 日本ボクシングコミッション(JBC)は28日、最新の6月度日本ランキングを作成した。王座の交代はなく、S・フェザー級末吉大(帝拳)とライト級吉野修一郎(三迫)がそれぞれ防衛テープを伸ばした。  今月新たに12位以上にランキングされたのは、フライ級10位藤北誠也(三迫)、バンタム級12位山本隆寛(井岡)、S・バンタム級高橋竜也(横浜光)、フェザー級8位佐川遼(三迫)、S・フェザー級岡田誠一(大橋)。  減量失敗によりバンタム級王座決定戦を棄権した元フライ級王者の村中優(F赤羽)のランキングはJBC預かりとなった。今年に入ってタイトルマッチが相次いで流れている同級は、新たに村中と戦う予定だった2位齊藤裕太(花形)と4位菊地永太(真正)で王座決定戦が行われる。  一方「13位以下ランキング」では、S・フライ級16位にコーヤ佐藤(伴流)、S・バンタム級21位に三浦仁(三迫)が新たに入った。

カテゴリー: News