伊藤雅雪が激白!「不利は承知、後半KOで勝つ」

  元OPBF東洋太平洋&WBOアジアパシフィックS・フェザー級王者の伊藤雅雪(27=伴流)が7月28日(日本時間29日)、アメリカのフロリダ州キシミーでWBO世界同級王座決定戦に臨む。  相手はWBO2位の伊藤よりも上位にランクされる1位のクリストファー・ディアス(23=プエルトリコ)。5年のプロキャリアで23戦全勝(15KO)の戦績を残しているホープだ。初の国外試合が世界戦となる伊藤は不利の予想を承知しながらも「ダラダラやるつもりはない。相手が弱ってくる後半にノックアウトしてベルトを持ち帰る」と自信をみせている。 日本時間30日午前 WBO・S・フェザー級王座決定戦  そんな伊藤は7月2日に日本を発ち、アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスでディアス戦に向けた最終調整を行っている。WOWOWが大一番を目前に控えた伊藤を直撃した。試合の模様は29日午前11時からWOWOWライブで生中継される。 ■倒しに行く気持ちを前面に出し 目下7連勝5KO ――プロデビューから9年、26戦目(25戦23勝12KO1敗1分)での世界挑戦となりますね。 伊藤「東洋太平洋王座を取ってから、何回か防衛したら世界挑戦できるのかなと思っていたけれど、そう簡単ではありませんでしたね。そのころは自分でも世界挑戦は非現実的なイメージがありましたが、いまはとうとう決まったという感じです」 ――これまでの25戦はすべて都内での試合でしたが、アメリカのリングに上がっているイメージはできていますか。 伊藤「不安はあるけれど、リングに上がれば同じかなと。ブーイングされる覚悟はあります(笑)。ただ、過去に何度もロサンゼルスでトレーニングしてきて、合間に試合も見ているのでアメリカの会場の雰囲気は分かっています」 ――客観的に見た「伊藤雅雪」というボクサーは、どんな選手でしょうか。 伊藤「パンチを芯ではもらわないので、相手にとっては意外にやりにくのではないかと思います。スピードがあって、見た目以上にパワーもあるので崩しにくいイメージなのでは…」 ――スピード、パワー、テクニック、スタミナ、経験値など自分の戦力を10点満点で分析してみてください。 伊藤「そうですね…。スピード=8.5、パワー=7.5、テクニック=8、スタミナ=8、経験=7、といったところでしょうか。10をつけ…

ムンギアvsスミス あさってラスベガスでゴング

 21日(日本時間22日)ラスベガスのハードロック・ホテル&カジノでGBPが主催する興行の記者会見が19日同会場で開催された。GBPのトップ、オスカー・デラホーヤ氏の進行で、メインのWBO・S・ウェルター級タイトルマッチ、王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)vs挑戦者リアム・スミス(英)、セミ格のWBA・S・フェザー級タイトルマッチ、“レギュラー”王者アルベルト・マチャド(プエルトリコ)vs挑戦者ラファエル・メンサー(ガーナ)らが抱負を語った。 以下は各選手のコメント。 ムンギア「素晴らしいコンディションで試合に臨め、体重も問題ない。スミスは強いアゴを持っているし1対1のハードなファイトを予想している。すべてのファンを満足させる好試合を約束します」 スミス「再びアメリカでファイトできるのはうれしい(2年前カネロ・アルバレスに9回KO負け)。ムンギアはグッドチャンピオンだからエキサイティングな試合になる。こちらもいいコンディションに仕上がっている」 マチャド「(ラスベガスで試合ができるのは)ドリーム・カム・トゥルー。メンサーは1位挑戦者だが、私はフレディ・ローチ・トレーナーと7週間みっちり鍛えた。プエルトリコのためにタイトルを守る」 メンサー「長い間待ち焦がれた世界挑戦が実現してとてもハッピー。おじのアイク・クォーティがたどった道のりを人生をかけて継承したい。私にはいいコーチがいるから、ベルト獲得の準備はできている」  クォーティ氏の名前が出て激闘を演じたデラホーヤ氏は苦笑。マチャドにはコット・プロモーションの御大ミゲール・コット、同じく所属のアンヘル・アコスタ(WBO・L・フライ級王者)も帯同し、王者をサポートする。  前座のミドル級10回戦ではヤマグチ・ファルカン(ブラジル)がエリアス・エスパダス(メキシコ)と対戦する。好コンディションを強調したファルカンは次戦で大物デメトゥリアス・アンドラーデ(米)との対戦が予定される。Photos: Tom Hogan – Hogan Photos/Golden Boy Promotions

井岡一翔が現役復帰表明 9.8米国デビュー戦を発表

 元3階級制覇王者で昨年の大みそかに引退を表明した井岡一翔(29歳=井岡)が20日、都内の大手遊技機メーカー、SANKYOで記者会見を開き、現役復帰と9月8日にアメリカで開催されるイベント「SUPER FLY3」に出場することを発表した。  久々に公の場に姿を現した井岡は「新たな地で、新たな挑戦だと思う。期待してくれている人たちのためにも必ず結果を残したい。アメリカの地で4階級制覇をしたい」と今後の目標を宣言。米国のプロモーション会社360と契約を結び、今後はアメリカを拠点に活動していく。所属先がSANKYOになることも明らかにした。  昨年大みそかの会見では「新しい目標ができた」と語っていたが、井岡の話を総合すると、この時点でいくつかの選択肢の中にアメリカで現役復帰する考えはあったようだ。  そうした思いを胸に2月にカリフォルニア州で開かれた「SUPER FLY2」を現地で観戦し、アメリカで試合をしていく気持ちを固めた。ここから360のトム・ルーファー氏との交渉がスタートし、3月からは本格的なトレーニングを再開した。  元2階級制覇王者の井岡弘樹(現西日本協会会長)を叔父に持つ井岡はプロ7戦目で世界タイトルを獲得し、3階級制覇に成功。昨年4月にWBAフライ級王座の5度目の防衛を成功させ、大みそかに引退会見を開いた。  子どものころから二人三脚で歩んできた父、井岡一法・井岡ジム会長とは別の道を歩むことに話が及ぶと、井岡は「報告をして『がんばってこい』と言ってもらった。いまがあるのは両親のおかげ。結果を残し、活躍することで喜んでもらえと思う」と話した。  17年4月以来、実戦から遠ざかっている井岡は「多少は不安もある」と本音をのぞかせつつ、「だれにでもあるチャンスではない。選ばれた者として結果を出さなくてはいけないと思っている」と表情を引き締めていた。 「SUPER FLY」は昨年9月にアメリカでスタートした軽量級のトップ選手を集めたイベント。第1弾には井上尚弥(大橋)が出場してWBO・S・フライ級王座の防衛を成功させた。井岡が出場する第3弾の内容はまだ明らかにされていない。

WBSSシーズン2 S・ライト級も出場8人が確定

 賞金トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ」(WBSS)のシーズン2でバンタム級とともに開催されるS・ライト級トーアメンに出場する8選手が18日、明らかにされた。

 新たに発表されたのは元WBO世界ライト級王者のテリー・フラナガン(英)と無敗ホープでWBC同級6位、IBF同8位ランクされるライアン・マーティン(米)の2人。フラナガンは6月、モーリス・フッカー(米)とのWBO・S・ライト級王座決定戦に敗れてからの再起戦でトーナメント初戦を迎える。

木村翔が中国でV2戦「後半勝負に持ち込みたい」

 WBO世界フライ級チャンピオンの木村翔(青木)が19日、都内で記者会見を開き、8日後の27日に中国のチンタオで2度目の防衛戦を行うと発表した。挑戦者は同級4位のフローイラン・サルダール(比)。  木村(16勝9KO1敗2分)は昨年7月、中国の上海で同国のスター、五輪2大会金メダルのゾウ・シミンを11回TKOで下して世界タイトルを獲得。大みそかには元WBC王者の五十嵐俊幸を9回TKOで退け、初防衛を成功させた。  しかし、ゾウにオプションを握られていることから次期防衛戦の開催が難航。1位にランクされる田中恒成(畑中)との指名試合の情報も流れたが、中国側がギリギリになってオプションを行使。実際に試合が決まったのは6月中旬だったという。  急な試合決定となった木村だが「もう少しスケジュールがほしかったのは本音ですけど、それは相手も同じこと。目の前の敵を倒すのが大事で、相手がだれであろうと、どこであろうと変わらない」と淡々としたもの。アウェイに強い木村はこれしきのことでは動じないのだ。  対するサルダールは28勝19KO2敗1分の29歳。16年9月に井上拓真(大橋)と対戦し、判定で敗れたものの初回にダウンを奪って周囲を驚かせた。今月13日、神戸で山中竜也(真正)からWBOミニマム級タイトルを奪ったビック・サルダールは実弟にあたる。  サルダールは拓真との試合後、5連続KO勝利をマーク。弟の戴冠劇もあって勢いに乗っていると言えるだろう。木村は「前半はスピードがあってパンチがある」と挑戦者を評価。その上で「そこを耐え忍んで、僕の持ち味である後半勝負、スタミナ勝負に持ち込みたい」と決意表明した。  準備期間が短かったとはいえ、初防衛戦後は家賃5万円のアパートからから15万円の高層マンションに引っ越し、スポンサーの協力を得てアルバイトをせずボクシングに専念できる環境を手に入れた。「環境が変わって以前よりも集中力が高まった。(日本王者の)黒田雅之選手と十分なスパーを積めた」と強調するのは有吉会長だ。 勝てば田中恒成との指名試合へ  この試合に勝利すれば、3度目の防衛戦で2階級制覇王者の田中を迎えることが濃厚。さらなる高みを目指す木村にとって負けられない中国の防衛戦となる。  なお試合の模様は中国中央電視台のスポーツ専門チャンネル、CCTV5で中国全土に生中継される。日本での放送予定…

木村翔7・27中国でサルダールと2度目の防衛戦

 ボクシングのWBO世界フライ級王者木村翔(29=青木)が7月27日に中国・青島市で同級4位フロイラン・サルダール(29=フィリピン)と2度目の防衛戦に臨むことが19日、発表された。昨年大みそかに五十嵐俊幸(帝拳)に9回TKO勝ちして以……

東日本ボクシング協会、年齢制限撤廃を要望

 東日本ボクシング協会が18日に都内で理事会を開き、年齢制限撤廃を要望する方針を固めた。国内ではランカー以上などを除いて、原則37歳定年制となっている。  選手寿命が延びて高齢化し、競技人口も減っているため、選手、ジムとも以前から撤廃を……

王座挑戦の河村真吾&冨田大樹 堺市長に決意表明

 タイトルに挑戦する堺東ミツキジムの河村真吾(27)、冨田大樹(20)両選手が18日、地元の大阪府堺市の竹山修身市長を訪問、ベルトを堺市に持ち帰ることを誓った。  日本ミニマム級6位の冨田は今月27日、後楽園ホールで石澤開(21=M.T)との日本ユース・ミニマム級初代王座決定戦に出場。OPBFフェザー級10位の河村は8月17日、後楽園ホールでロンドン五輪銅メダリストの同級王者、清水聡(32=大橋)に挑む。  冨田は「15歳で母に勧められて始めたボクシング。こういう始め方でもチャンピオンになれるということを見せます」。河村は「オリンピックメダリストでパーフェクトレコードの王者ですが、勝って名前を上げます」と2人は力強く決意を表明した。  竹山市長は「堺東ミツキジムには世界王者の好川菜々さんがおられた。2人ともがんばって堺にベルトをもたらせてください」と激励した。

DAZNが米国市場に参入 王者級が次々とサイン

 9月22日にロンドンで開催されるヘビー級3冠統一王者アンソニー・ジョシュア(英)vsアレクサンデル・ポベトキン(ロシア)のプレゼンテーションが17日、ニューヨークで開催された。  試合地でもなく、両者の出身国でもない米国で記者会見が開かれたのは、メインプロモーターのエディ・ハーン氏(マッチルーム・ボクシング)が、試合をスポーツのライブストリーミング配信サービス「DAZN」(ダゾーン)で供給するため。DAZNと年間32イベントの契約を結んだハーン氏は、半数の16イベントを米国で、残りを英国で挙行する方針を明らかにしている。  プレゼンにはジョシュア、ポベトキンのほか、ミドル級に進出したデメトゥリアス・アンドラーデ(米=前WBO・S・ウェルター級王者)、王者復帰を目指すジェシー・バルガス(米=元WBOウェルター級王者)、WBA・S・バンタム級王者ダニエル・ローマン(米)、巨漢ヘビー級ジャレル・ミラー(米)、女子のライト級統一王者ケイティ・テイラー(英)らが出席。マイケル・バッファー・リングアナの進行でそれぞれ抱負を述べた。  彼らのほかにもIBF・L・ヘビー級王者アルツール・ベテルビエフ(ロシア)、WBO・S・ライト級王者モーリス・フッカー(米)がサイン。既成の放送メディア、プロモーションを脅かす存在になるかもしれない。米国進出第1弾は10月6日シカゴで予定され、ベテルビエフvsカラム・ジョンソン(英)のタイトル戦とバルガス、アンドラーデ、ミラー、テイラーの出場が見込まれる。  また第2弾は10月20日ロサンゼルス近郊カーソンのスタブハブ・センターが有力。ローマンvsギャビン・マクドネル(英=ジェイミー・マクドネルの双生児の弟)、フッカーvsアレックス・サウセド(メキシコ=米)のタイトル戦が計画される。Photos by Ed Mulholland

元日本王者の木谷さん、代々木公園そばに新ジム開設

  元日本S・フライ級チャンピオンでオザキジム会長だった木谷卓也さんが東京・代々木公園近くに新ジム「ボクサフィット代々木」をオープンさせた。  木谷さんは現役引退後、オザキジムのマネジャーを10年務め、最後の3年は会長として活躍した。しかし昨年9月、ジム2階の合宿所から出火し、そばを走る小田急線車両の屋根に引火する事故が発生しジムも焼失。昨年から新たにジムを開設する場所を探し、オザキジムに関しては4月に休会届けを協会に提出した。  新たなジムは住宅地にあるビルの一室を改装。内容はマンツーマンのパーソナルトレーニングが中心で、ボクシング、加圧トレーニング、体幹トレーニングなどを木谷さんが直接指導する。マンツーマンではなく2人で参加するグループレッスンもあり、この場合は料金が安くなるという。  その他に各種イベントも開催する予定で、こうしたイベントには元OPBF王者の西島洋介さんや、元日本王者の高橋直人さん、伊藤駿介さんらも参加していく予定だ。  木谷さんは「まずはパーソナルトレーニングの経営を安定させ、将来的にはまたプロを育てるようなジム経営も考えている」と話している。ジムの詳しい内容は下記のホームページから。 ◇ボクサフィット代々木 住所 東京都渋谷区元代々木町33-11 広瀬ビル203 電話 03-3868-3148 HP http://boxer-fit.co/