パッキャオがブローナー戦で左目角膜を負傷

 ラスベガスのMGMグランドで現地時間19日、エイドリアン・ブローナー(米)に判定勝ち。WBAウェルター級“レギュラー”王座の防衛に成功したマニー・パッキャオ(フィリピン)が試合後、左目の視力低下と痛みを訴え、経過が心配された。米国メディアはパッキャオは角膜にかき傷を負ったと報道している。  パッキャオ(40)は試合後、日曜の朝までチェスに興じたというが、朝方、左目の異常を訴えた。そのためドクターの検査を受け、同日マンダレイベイ・ホテルで行われた礼拝には左目に眼帯をして現れた。  チームの広報や代理人は網膜剝離ではないと強調。比国メディアは軽傷だと伝える。いずれにせよ、原因はブローナーのグローブがサミング気味に当たった可能性が濃いが、プロキャリア24年目を迎え、長年のダメージのせいだという声も聞かれる。  当初パッキャオは週明け21日、ロサンゼルスでバスケットボール、LAレイカーズの試合を観戦する予定だったが、大事を取って安静に過ごしたもよう。週末フィリピンに帰国するまでロサンゼルスで検査を受けることになった。  一方、試合のため留守にしたロサンゼルスの自宅に泥棒が入ったニュースが報じられた。家族や住人は全員ラスベガスに同行していた。窃盗でどのくらいの被害があったかはまだ明らかになっていない。Photo/SUMIO YAMADA

米国入りの井上岳志 “歴史的快挙”に向け最終調整

 世界初挑戦に備え、決戦の地ヒューストン(米テキサス州)に入った井上岳志(ワールドスポーツ)は、現地で順調に最終調整を行っている。井上は26日(日本時間27日)に王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)の持つWBO世界S・ウェルター級王座に挑む。  20日にヒューストン入りした井上。21日はメディカルチェックを受けた後、現地のロッキージムで練習をした。初日こそ時差ボケの影響を感じたというが、この日はそれも解消。「いざ練習してみたらしっかりと動けたので、不安も吹き飛びました」と、まずは一安心だ。  残るは本番に向けて体調を整える作業となるが、減量もいいペースで進んでいる。「問題なく、しっかりと食べながら減量できています」と井上は言う。「体調もいいので、試合がすごく楽しみです」と元気な声が届いた。  また井上のサポートのため帯同している日本ミドル級王者・竹迫司登も、「井上さんの歴史的快挙を見届けたい」と先輩のムンギア撃破を信じている。=写真提供・ワールドスポーツジム=

2.16メキシコ 塙英理加がWBC女子LF級王座挑戦

 WBC女子L・フライ級王者ジェセニア・ゴメス(メキシコ)が現地時間2月16日、メキシコのカンクンでOPBF女子ミニマム級王者のの塙英理加(UNITED)と初防衛戦を行う。WBCがホームページ上で明らかにした。

 28歳の塙は10勝4KO3敗。17年5月の世界初挑戦は、江畑佳代子(ワタナベ)と空位のWBO女子ミニマム級王座を争い判定負け。昨年11月にOPBFミニマム級王座を獲得した。これまでフィリピンで3試合しているが、メキシコのリングは初めてとなる。

 …

WBCが指令 亀田和毅はバルガスvsマンサの勝者と

 WBCは現地時間21日、マウリシオ・スライマン会長の名前で各階級について言及。S・バンタム級は、今月26日に行われる正規王者レイ・バルガス(メキシコ)vs挑戦者3位フランクリン・マンサニージャ(ベネズエラ)の勝者が、暫定王者の亀田和毅(協栄)と「次の試合で対戦しなければばらばい」とした。

 バルガスが昨年、けがで戦線離脱し、WBCは暫定王座決定戦を許可。亀田が10月、1位アビゲイル・メディナ(スペイン)に勝利して暫定タイトルを獲得した。

 バンタム級は現地時間20日、…

地元ルイビルの空港「モハメド・アリ・エアポート」に

■16年6月に他界した“ザ・グレーテスト”元世界ヘビー級王者モハメド・アリの故郷、米ケンタッキー州ルイビルの空港が「モハメド・アリ・インターナショナル・エアポート」とネーミングされることになった。ルイビルのグレグ・フィッシャー市長がメディアに通達した。

現在ルイビルではアリ氏の未亡人、ロニー・アリさんが中心となり「モハメド・アリ・センター」(博物館)が運営されている。写真はアリ氏を追悼するボクシング・ビート2016年7月号。

元L・…

全日本UJ関西ブロック代表決まる

 第8回全日本UJボクシング大会関西ブロック選考会最終日は19、20日の2日間、奈良県王寺町の県立王寺工高ボクシング部道場で行われ、全国大会に出場する小中学生男女が決定した。  UJ無敗の中学女子48キロ級、西中結菜(大阪・美原西)をはじめ、中学男子52キロ級・吉良大弥(奈良・門真市立第二)、60キロ級・田河真羽(大阪・浪速)らが選ばれた。また、中学男子44キロ級、藤木勇利(大阪・生野)、小学男子34キロ級、藤木勇我(大阪・西生野)の兄弟がそろって出場を果たした。  全国大会は3月23、24日の両日、群馬県前橋市のALSOKぐんま総合スポーツセンターで開かれる。代表は次のみなさん。 ◇小学女子 34キロ級 三木姫愛(大阪・福泉) 38キロ級 北野 凜(大阪・藤井寺南) 42キロ級 山口 愛(奈良・安立) 46キロ級 北村光稀(大阪・寝屋川市立南) ◇小学男子 34キロ級 藤木勇我(大阪・西生野)      岡本雄陽(奈良・平野) 38キロ級 溝端優斗(大阪・千代田)      藤尾幸輝(滋賀・速野) 42キロ級 岡野龍之介(奈良・宇治田原)      濱本聡志(大阪・津之江) 46キロ級 西村弘應(奈良・意岐部東) 50キロ級 堀江耀斗(奈良・南部) 54キロ級 松本春耀(奈良・伊勢田) ◇中学女子 40キロ級 三井来那(奈良・大成)      加藤花音(兵庫・藤井寺) 44キロ級 小島 麻(奈良・香芝北) 48キロ級 西中結菜(大阪・美原西) 52キロ級 高倉日向(大阪・浜寺南) 56キロ級 竹森狭霧(奈良・東宇治) ◇中学男子 36キロ級 中井真杜(大阪・熊取)      本村蒼汰(奈良・大成) 40キロ級 米田仁哉(奈良・八木)      平井 温(大阪・春木) 44キロ級 藤木勇利(大阪・生野)      定廣征季(京都・北宇治) 48キロ級 森脇龍星(兵庫・北須磨)      西野天翔(大阪・山直) 52キロ級 吉良大弥(奈良・門真市第二)      山川健太(兵庫・加古川市立中部) 56キロ級 堀江亜紋(大阪・美加の台)      中山瑠希也(兵庫・朝霧) 60キロ級 田河真羽(大阪・浪速)      堀口慎之助(兵庫・城山) 64キロ級 梶野翔太(大阪・新池)      香月八雲(京都・下京)

パッキャオがブローナー圧倒 米国で2年ぶり勝利

 ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで19日(日本時間20日)、1万3025人の観衆を集めて行われたWBA世界ウェルター級“レギュラー”王座タイトルマッチは、王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が挑戦者6位エイドリアン・ブローナー(米)に12回3-0判定勝ち。昨年7月マレーシアでルーカス・マティセー(亜)から獲得した王座の初防衛に成功した。  先月40歳になったパッキアオは16年11月のジェシー・バルガス戦以来2年2ヵ月ぶりのアメリカでの試合。L字型ガードで対峙するブローナー(29)に対しサウスポーから断続的に仕掛けてリードする。  リマッチの噂が持ち上がるフロイド・メイウェザーがリングサイドで観戦する中、快調に飛ばすパッキャオだが、ディフェンス重視のブローナーにダメージングブローを打ち込むことができない。  しかし7回、連打で挑戦者をコーナーに追い詰めラッシュ。9回にもパッキャオが見せ場をつくり試合はヒートアップ。それでもブローナーはステップを踏んで追撃をかわし終盤へ。ブローナーは11回にやや優勢に進めた以外は後手に回り、そのままパッキャオが押し切った。  公式スコアカードは117-111、116-112×2でパッキアオの文句ない勝利。戦績を61勝39KO7敗2分とした。あまりにも消極的だったブローナーは33勝24KO4敗1分1無効試合。  セミ格のWBC・L・ヘビー級挑戦者決定戦兼同シルバー王座戦は、マーカス・ブラウン(米=WBC2位)がバドゥ・ジャック(スウェーデン=同1位)に12回3-0判定勝ち。スコアは117-110、116-111、119-108でブラウンが支持された。Photo from Esther Lin/SHOWTIME

ウーバーリがWBC正規王者に、井上拓真との対戦義務

 パッキャオvsブローナー戦が挙行された19日(日本時間20日)、ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われたWBC世界バンタム級王座決定戦は、1位ノルディ・ウーバーリ(フランス)が2位で元WBA王者ルーシー・ウォーレン(米)に12回3-0判定勝ち。ルイス・ネリ(メキシコ)が体重オーバーで空位となった王座を受け継いだ。

 サウスポー同士。2回からペースを握ったウーバーリが右を上下にコネクトして優勢に進める。5回、右フックを浴びせたフランス人は7回にも左カウンター、右フック…